子育て一覧

妊婦の冬のウォーキングってどうするの?その注意点!

冬になると寒くてお家から出ることが億劫に感じることはありませんか。

しかも、冬になるとイクリスマスや年末年始などのイベントがあって、普段よりも食事が進んでしまうこともあると思います。

妊婦さんにとってはこの時期、体重管理に苦しむ人も多いようです。

後期に入る妊婦さんは特に注意してください。

中には、1ヶ月で3㎏も太ってしまう人もいらっしゃるそうです。

太り過ぎは難産の原因にもなりますし、産後体重を戻すことにも苦労します。

冬のイベントを楽しむためには、毎日の体重管理が重要になってきます。

ここでは手軽にできる体重管理方法としてウォーキングについてご紹介します。

妊婦さんが冬にウォーキングを始めるにあたって

妊婦さんのウォーキング

妊婦さんが手軽に出来る運動としてよくウォーキングが挙げられます。

実は、私も妊娠していたときは毎日ウォーキングを頑張っていました。

これまで運動の習慣がない方や運動が苦手な方にでも比較的始めやすい運動です。

妊娠中にウォーキングを行う場合は、必ず始める前に主治医のチェックを受けるようにして下さい。

特にウォーキング中、心拍数が140を超える場合には運動中や運動後も医師がチェックする必要がありますので、自己判断はしないでください。

私は、お腹が張りやすい体質らしく、妊婦のとき主治医から自宅安静を言われていましたが、体重管理のために毎日のウォーキングは許可されているので、安心して行いましたよ。

ウォーキングの方法

ウォーキングの時間は、これまで運動をしてきてない方であれば15分間からスタートしましょう。

慣れて来たら朝30分、夕方30分、1日2回、合計1時間できるのが理想的です。

速度は、1分間に電柱2本分進む速度がいいと言われています。

毎日行えればいいのですが、無理は禁物です。

体調に合わせて30分を週に3~4回でも十分な運動量と言えます。

また、買い物などもダラダラ歩かず、正しい姿勢で止まらずに歩くことをオススメします。

 

ウォーキングの正しい歩き方と姿勢

妊娠さんがウォーキングをすると、顎が前に出て反り腰の姿勢になりがちです。

意識して仙骨が立った状態の姿勢をキープするように心がけましょう。

ポイントは鼻の頭→みぞおち→恥骨のラインが一直線になるように立つことです。

さらに、腕は後ろに引き、25m先を見つめながら背筋を伸ばして歩きます。

足は、つまさきで蹴り上げ、かかとで着地をするようにしましょう。

また、10分~15分ごとに水分を補給することが大切です。

妊婦さんの冬場でのウォーキング方法

冬のウォーキングで気をつけること

冬場でのウォーキングで注意することは暗くなる前にウォーキングを終えることです。

暗くなると、足元が見づらくなってしまって、転ぶ原因にも繋がります。

くれぐれも雪が降った日や氷が張っているような場合は無理しないようにしてください。

なので、日中~16時の明るい時間帯に行ったほうがよいでしょう。

さらに冬は、寒さ対策をしっかり行った服装を選んでください。

首元、手首、足首をしっかり覆っている服装がベストです。

例えば、首もとはハイネックのインナーやネックウォーマーなどの小物を活用するなど工夫するとよいでしょう。

暖かいインナーの上には、裏起毛・裏ボアのトレーナもしくはパーカーを着用するなどしてください。

ボトムスは、保温機能のレギンスや産後も穿けるヨガパンツなども取り入れるとよいです。

保温性のあるソックスを使用すれば足元の冷え対策には効果抜群です。

マタニティ用のソックスには、着圧タイプのものとゆったりタイプのものがあります。

ご自分の好みや状態に合わせて使い分けて履くようにしましょう。

ただし、厚着をしすぎると、汗がかきやすくなり、身体を冷やす原因となりますので注意してください。

また、「マタニティ期間のためだけに、ウェアを用意するのはもったいない」と思う方もいると思います。

普段着ている服で身体を冷やさず、お腹まわりを締め付けないもので工夫するでも問題ありません。

 

ところで妊娠のウォーキングはいつから大丈夫?

妊娠初期はつわりなどに悩まされている方も多いので、一般的に合併症がなく、流産早産の恐れがない場合、妊娠12週ごろから始めるのが良いと考えられています。

また、いきなり長時間ウォーキングするのではなく、短い時間から始めることをオススメします。

臨月になって、いきなりウォーキングを始めるのではなく、少しずつ習慣化し、臨月を迎える頃には1時間以上歩けることがベストであると考えます。

ウォーキングの最中に、体調を崩す可能性もありますので、もしもに備えて携帯電話、健康保険証、母子手帳、診察カードなどを携帯するようにしましょう。

 

最後に

ウォーキングは季節を直接感じられるのがいいところです。

空気を肌で感じることから季節の移り変わりが感じられます。

周りの風景も移り変わって行くのがわかるので、私は携帯のカメラで写真を撮りながらウォーキングを楽しんでいます。

みなさんも楽しみながら体重管理を行っていきましょう。


生後1ヶ月のお出かけや服装は?外出時間や場所は?

赤ちゃんが一ヶ月検診を終えて外出の許可が出て楽しみな反面、どのくらい外出してよいのか、どうやって外出すればよいのか、お母さんは悩むことがたくさんありますよね。

生後一ヶ月の赤ちゃんは、まだ生まれて間もないので、体調を守るために気をつけたいことが色々とあります。

生後1ヶ月のおでかけするときの服装

生後1カ月の赤ちゃんは体温調節が苦手

生後一ヶ月の赤ちゃんと外出するときは、赤ちゃんはまだ体温調節が苦手で、免疫力が低くて感染しやすいことに注意してあげる必要があります。ㅤㅤ

春夏の暖かい季節には、着せる枚数にも配慮が必要ですが、それ以上に通気性のよい素材の服装を選ぶ工夫をされているお母さんが多いです。

秋冬は保温性のある素材の洋服や、おくるみや帽子で体温調整をしたり、抱っこ紐やベビーカーにつける暖かいカバーなどで工夫をされているお母さんもいらっしゃいます。

 

赤ちゃんのお出かけ時の季節ごとの服装

季節ごとの服装としては、下記のようにされているお母さんが多いです。

  • 春…短肌着にドレスオール
  • 夏…短肌着に涼しい素材のドレスオール。冷房の効いた涼しい場所におでかけする場合には、レッグウォーマーがあると便利です。
  • 秋…短肌着に気温によっては長肌着を着せて、その上にドレスオール
  • 冬…短肌着に気温によっては長肌着を着せて、その上に暖かい素材のドレスオール

気温に応じて靴下、帽子、おくるみを使い、赤ちゃんに負担がかからないようにしたいですね。

生後1ヶ月の外出の場所や時間は?

少しずつ赤ちゃんを慣らしていく

ずっと家の中で寝ていて過ごしていた赤ちゃんなので、いきなり遠出などはせず、まずはベランダや庭先などで外の空気に慣れさせてあげましょう。

赤ちゃんにとっては、はじめての体験ばかりです。

外で過ごす時間を少しずつ5分、10分と伸ばしていきましょう。

 

赤ちゃんに負担をかけないようにする

できるのであれば、生後一ヶ月ぐらいの赤ちゃんを連れての外出は30分くらいの距離、時間で赤ちゃんに負担がないようにしてあげたいところです。

また、インフルエンザなどの風邪が流行っているときなど、免疫力が低い赤ちゃんは、人混みのある場所は避けるのが望ましいです。

もちろん、一ヶ月検診やお宮参りなどで外出することもありますので、チャイルドシートに乗せての車の移動や、ベビーカーや抱っこ紐での移動も可能です。

ただ、できる限り短い時間に抑えて、なるべく早めに家に戻れるようにしましょう。

外出先で何があっても良いように、母子手帳や診察券、オムツや体温調整のための着替えなども、場合によっては持っていくようにして下さい。

 

まとめ

お出かけができるようになると、赤ちゃんに色々なものを見せたい気持ちになりますが、体温調整がうまくできず、首も座っていない赤ちゃんにとって、長時間の外出は負担になってしまいます。

この時期の外出は短時間で済ませて、体温調整のできる服装でおでかけしましょう。

赤ちゃんの首が座れば、もっと長い時間外出できるようになります。

お母さんもずっと家にいて外出したい気持ちになるかと思いますが、今は少し我慢して、赤ちゃんの成長を待ちましょう。


1歳の娘が可愛すぎる!自分の子供が可愛すぎる理由!

子供の成長て嬉しいものですよね。

自分の子供はとくに可愛い。

そんなママ達も多いのではないでしょうか。

1歳の娘が可愛すぎる!かわいいエピソードを語りたい!

可愛すぎるエピソード

何にもできなかった子供も頑張って育ててついに1歳のお誕生日!

1歳すぎると子供はどういう風に成長するでしょうか。

ママ達にはどんなエピソードがあるか見てみましょう!

  • 手を放してはじめて歩いた!
  • ママパパと呼ぶようになった!
  • 片言で単語を話だした時にすごく感動した
  • ロンパースは着れなくなったけど小さなサイズのお洋服でよちよち歩く姿が可愛い
  • お人形遊びを一人でやってた
  • テレビで踊りを覚えて頑張って踊る姿が可愛い過ぎる

などなど。

身体的能力があがり、お人形みたいだった赤ちゃんから人間らしい行動を取る姿に特に成長を感じるでしょう。

 

また周りのお友達との差もかなり出てきます。

自分の子供が何か先にできるようになって他のママに「そんなことできるの~!」なんて言われると嬉しいですよね。

例えば、お話ができるようになる!

これは今まで話し相手がいなかった育児に一番嬉しい成長です。

昨日できなかったことが今日できる急成長の日々が1歳児何をしても可愛いですね。

 

可愛い我が子をみてもらいたい!

今の時代SNSなどでも子供の写真を載せているママはたくさんいます。

そんな我が子を見てもらいたいママにぴったりなのはインスタグラムのストーリー!

1日経つと消えてしまうし、見たい人だけ見てもらえるし、コメントやいいねのように反応もできます。

実際ストーリーに我が子の何気ない様子を載せている人は多いです!

そこまで自慢になりすぎず便利な機能ですよね。

またママは日ごろワンオペ育児になることも多いです。

そんな大変な日常を他のママに話すほどではないけどストーリー越しに共感してもらえるなどちょっとした育児相談の場でもあります。

SNSは危険も伴いますので我が子の安全を守りながら可愛い時期も残していけたらいいですよね。

そもそも自分の子供が可愛すぎるには理由ってある?

ある幸せホルモンがでている

子供好きじゃなかった人も我が子ができると可愛くてたまらない!

そんな話はよく耳にします。

周りでもあんなに子供の事毛嫌いしてたのに・・!てママいますよね。

ママの体ににも変化が起こっているのです!

それは幸せホルモンオキシトシンです。

 

オキシトシンとは

オキシトシンは

  • 哺乳類にしかないホルモン
  • 昔から授乳に深く関係のあるホルモンといわれてきた
  • 出産のときには陣痛を起こす
  • 母乳を外に出す乳腺の収縮に使われるのでオキシンが多いと母乳の出も多い

といわれています。

つまり出産時に大量に分泌されるので生まれた瞬間から我が子が可愛いと思えるのです。

オキシトシンはスキンシップによりどんどん分泌されるホルモンです。

赤ちゃんとの毎日といえばすべてがスキンシップですよね。

そしてオキシトシンは幸福感のホルモンとも言われています。

赤ちゃんとのスキンシップでホルモンが分泌され幸福感に満たされ母性愛も強くなっていくのです。

ママはもちろん幸せな気持ちになりますが、赤ちゃんもママに沢山触れてもらって赤ちゃんはママに信頼を寄せ、肌の触れ合いや見つめあうことで安心感が得られ成長ホルモンが分泌され愛に満ち溢れたこころだけでなく身体的成長にも繋がっていくのです。

そんなスーパーホルモンの力もあり我が子が可愛くなるのです。

パパを仲間はずれにしないで

オキシトシンは愛情のホルモンの反面攻撃的なホルモンとも言われています。

産後パパのことどう思いましたか?

何をされてもいらつく。

そんな経験もこのホルモンが影響しています。

子供を守ろうと必死でパパを敵対してしまうのです。

しかしオキトシンは子供に対してだけではなく夫婦間のスキンシップでも分泌されるのです。

そしてパパにも分泌されるのです。

子供だけでなく夫婦のスキンシップも大切にして家族全員が幸福のホルモンで満たされるといいですね。

ママとパパが仲良くしてる姿は子供も幸せです。

子供は本当に親をよく見ています。

かけがえのない我が子のどんどん成長していく姿、夫婦で見届けていきましょう。


3歳の娘に怒ってしまう!しかり方を紹介!

天使のような可愛い我が子。

それなのに、忙しい日常ではついついイライラしてしまって感情的に怒ってしまい、あとから冷静になってみると、「なんであのときあんな事を言ってしまったんだろう」と後悔する日々…。

イヤイヤ期真っ只中の3歳の子供をもつママさんの中には、特にそんな生活を送っている方も多いのではないでしょうか。

実際、私は3歳の娘を持つ一児のママなのですが、可愛くて仕方ないはずの我が子でも娘のイヤイヤスイッチが入ると、さあ大変。

「ママももうイヤ〜〜!」と発狂したくなることもしばしばです^^;

そんな私が実践している「イヤイヤ3歳育児を乗り切る方法!」。

同じような悩みを持つママさんの、息抜き程度の参考になれたら嬉しいです♪

3歳の娘に怒ってしまう…

出来れば怒らずに、『諭してあげる』ことを親としては心掛けたいもの。

感情的に怒ってしまうときって、何かしらのストレスを感じてイライラしているときですよね。

そこで、日頃からストレスを溜めないことがポイントです。

では、どうしたらストレスを溜めないでいられるのかをこれからまとめてみたいと思います。

 

細かいスケジュールを立てない

こちらは筆者のある1日の流れです。

<7:00> 起床、朝ごはん

<8:00> 身支度

<8:30> こども幼稚園登園、出勤

<9:00〜15:30> 仕事

<16:00>こども幼稚園お迎え・遊び

<17:00>夕飯準備

<18:00>夕飯

<19:00>お風呂

<20:00>こども寝かしつけ開始

<21:00>就寝

いかがですか?

これだけを見てみると、3歳の子供を育てながら働くママとして、規則正しい生活を送っているなと思っていただけるかもしれません。

しかし、これはあくまでも「ある1日の流れ」。

毎日こうではありません。

現実は違いますよね。笑

 

朝は8時になってようやく子供が起きてくることもあるし、帰宅したあと、子供が夕寝して夕ご飯が21時になってしまうときもある。

日々、子供優先で動いていると規則正しい生活を送るなんて、子供がロボットじゃない限り到底無理!!

なので、最初から時間を区切った細かいスケジュールは立てないこと。

もしもきっちりと予定を立ててしまうと、予定がズレてしまったときにストレスとなってしまいますからね。

 

他人と比べない

育児をしていると、「これでいいのかな?」と思うこと、結構ありませんか?

その答えを見つけるためにインターネットで検索してみるも、結局情報がありすぎて何が正解なのかが分からず「他のママさんはもっと上手く育児しているんだろうな」なんて、勝手に比べて想像してしまったり…。

でも、育児の悩みは人それぞれなんですよね。

すべてのママが自分の子育てに何かしらの悩みがあるもの。

完璧な育児なんて無いんです。

『自分のこどもにはどういう子になってほしいのか』

そのことを考えることが一番大切なのかもしれません。

インターネットにのっている情報は(この記事を含めて)、あくまでも参考程度に見るのが丁度いいのです!

 

自分の時間をつくる

  • 美味しいものを食べたり
  • 友達と会ったり
  • 趣味に没頭したり
  • マッサージを受けにいったり…。

自分の時間をつくって、いつも頑張っている自分にご褒美をあげること!

なんと言っても、これが一番簡単なストレス発散方法ですね。

ただし、これには周りの協力が必要な場面が多いと思いますので、なかなか難しいこともあるかもしれませんが…。

今では気軽に、各自治体が運営する「ファミリーサポート」制度が利用できる時代。

ストレスで息が詰まりそうになる前に、たとえ短くても、そんなを自分だけの時間を作ることが大切ですね。

3歳の娘への叱り方とは??

諭すことが大事

では、どういうふうに叱るのが正しいのでしょうか?

それは、前の項目でも述べましたが、「叱る」のではなく「諭す」ことを意識するのが良い方法かもしれません。

では、諭すというのは一体どういうことなのでしょうか。

 

赤ずきんちゃんで良い例が…

日本童話で有名な「赤ずきん」の物語に、良い例がありました。

風邪を引いたおばあちゃんの家にお見舞いに行く道中で怖い狼と出逢い、騙されて食べられてしまいますが、猟師のおじさんに助けられ、無事にお母さんの待つ家に帰ることが出来た赤ずきん。

この物語の最後、お母さんの言葉で、このような文章があります。

『「これからはしらない人と話したり、道草をくってはいけませんよ。」

お母さんは優しく諭しました。』

 

自分の子が狼に食べられて死にそうになってたのに、そんな優しく言えるわけないんですけど!!怒

と、ついつい突っ込みたくなりますが。笑

そこは童話なので多目にみるとしまして…、諭すということは、

『何がいけないのかをわかりやすく教えてあげること』

更には、

『何故いけないのかということも一緒に教えてあげること』

 

現実問題、イヤイヤMAXの3歳娘に聞く耳は無く、聞いたとしても「なんで?どうして?」攻撃が始まるのですがね…

それでも、繰り返し諭すことで、きっと子供は理解してくれるはず。

それを信じて諦めない!ママの踏ん張りどころかもしれませんね。

3歳育児、頑張りすぎず、乗り切りましょう!