ツアーに一人参加は気まずいの?気をつけることと相部屋だった場合の対応。

近年「おひとりさま」という言葉はどんどん浸透してきたけれど、旅行となると勇気がいりますね。

一人で旅行先を回るのも勇気がいるから添乗員さんがいたら少しは安心するけどツアーに一人で参加するてどうなの!?

そんな時に抑えておきたいポイントを紹介します。

ツアーに一人参加だと気まずい?

一人参加ってどうなの?

一人参加の方は意外います。

私もフランスやアメリカにツアーでいきましたが30代がいたり、学生一人参加がいたり皆女性でした。

そして一人でいると話かけやすいのか添乗員を交えてグループの人と話す機会が増えて意外と分け隔てなくみんなと会話していた記憶があります。

でも初めてひとりでツアーは・・と尻込みするなら最近では「おひとり様応援ツアー」というものもあるそうです。

なかでもおすすめはクラブツーリズムの「ひとりだけど独りじゃないひとり旅」という参加者全員が一人旅で添乗員付き、さらに一人一部屋確約されているので安心して予約できますよね。

これは初めての一人旅にはもってこいのツアーだと思います。

国内・海外ともにあるようなのでこれは要チェックです!ただすべてのツアーがこのように至れり尽くせりではありません。

気をつけることや覚悟しておいた方がいいことは?

添乗員の必要性、安全性には要注意です。

国内もしくは海外ツアーでも土地勘もあり言葉に困らない場所なら添乗員がいなくとも自由時間を満喫できるでしょう。

一方注意したいのは初めて行く海外です。

治安レベルも知らない、言葉も通じないという場合だと一人旅は危険も伴います。

特にヨーロッパはスリも多いので若い女性一人となるとターゲットにされやすいです。

なにかトラブルに巻き込まれた時、添乗員もいない、言葉も通じない、そんな状況でも打破できますか?

またツアーは安くするためにホテルがアクセスが悪かったり郊外だったりということもよくあります。

一人でその道を帰ってこられるか。安心して旅行に行ける環境が整っているのか確認することは大切です。

旅行の目的は何かで考えてみるといい

一度の旅行で観光名所は複数行きたいけど全部を回るとなると結構な時間がかかります。

一か所の時間も添乗員さんが時間配分してくれることで見どころを押さえて効率的に回れます。

それは国内海外問わず言えることでしょう。

旅行の目的をはっきりしたうえで

  • 添乗員が必要か
  • 目的地の治安はどうか、そのツアー内容で安全は守れるか

事前に確認したうえで自分に合ったツアーを見つけることをお勧めします

食事は覚悟しておいた方がいい

どれほど下調べをしても参加してみないと分からないところも多いと思いますが、皆さんあげている覚悟しておいたほうがいいことは食事です。

一人テーブルを用意してくれるツアーはないのでどこかのグループに入らなければならないようです。

初めましての相手でも気さくに話ができるといいですね。

ツアーに一人参加で相部屋だった場合は?

ツアーによれば相部屋もあります。

皆さんが気になった点をまとめてみました。

年齢

相部屋だからと必ず同世代ということもないようです。

年齢的な問題で年上が先に使うなど強制してくる方もいるようです。

アイテム

寝る時間も人によって違いますし、いびきや寝言、色々な問題があるようです。

耳栓やアイマスクは必須アイテムのようです。

水回り

洗面所、シャワー、自分が使った後は必ず綺麗にしましょう。

相部屋は気をつかいますね。

盗難

相部屋になっても見ず知らずの方です。

貴重品の管理は自身でしっかりおこないましょう。

 

素敵な旅にするにはおもいやりをもって

一人でツアーに参加するとなると入念に準備しますよね。

一人で参加していますが他にも参加者がいることを忘れないでください。

相部屋にしろ、食事にしろ、相手を思いやることで他の参加者と仲良くなれたり困った時に助けてもらえたりします。

ほんの少し相手のことを考えながらツアーに参加してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする